Skip to content

月別: 2016年1月

行きやすい病院とは?

冬らしい寒さが続いてます。インフルエンザも例年より遅いとは言え、流行っているようですね。母もひんぱんに風邪をひいています。
気候にしろ環境にしろ、少しの変化が体調に大きな影響を与えます。
母が寝たきりになるまで、何となく寝たきりがある意味ゴール?のように思ってました。
寝たきりになってしまうと後は日々の介護さえ頑張れば良いと。
しかしッ!現実は違ってた。寝たきりになっても、他の病気になるんです。(当たり前と言えば当たり前なんだけど)
内科などに関しては訪問ドクターがいます。
でも歯医者・眼科・耳鼻科などの病気になったら、病院へ連れて行かないとなりません。

介護タクシーは台数がとてもとても少なく、高く、予約が必要。病院を選ぶにも、車椅子での移動が可能か?診察してくれるか?なども事前に調べておかないといけません。
そんな時、我が家では体の大きな兄が連れて行きます。

でも、「車椅子でも大丈 夫」というから行ったのに、段差はあるし狭くて廊下は通れないし、待合室で移動するにも他の患者さんに立ってもらわないと進めないことがありました。

とても大変だった ようです。正直に親身になって教えてくれないと、他の患者さん にも迷惑がかかってしまうし困りますよね。

現在、母は白内障 です。87歳では遅いくらい。数年前、白内障にならないことを自慢していたけど、今になっては動けるうちになっていて欲しかったような(苦笑)
昨年の9月。視界がぼやける?という母。兄が地元の眼科へ連れて行きました。

手術が必要かもしれないから院長のいる時に再度、来て欲しいとの事。唖然としました。
事前に車椅子で行く事も伝えてあり、年齢も伝えてあった。自分の足で歩き、1人で病院へいけないのは明らか。

最初か ら院長先生のいる時に来て欲しいと案内をして貰いたかった・・・

白内障は75歳以上の2人に1人が手術が必要と言われている メジャーな病気で、87歳なら白内障の確率は想像に難くないはずです。

結局、手術が必要かもしれないのなら、手術設備のある大きな病院の方が良いだろうと、一昨年に肺気腫でお世話になった総合病院の 眼科を予約をしようと電話した。
予約が取れたのは3ヶ月後。そして昨年末、診察へ行き白内障で手術が必要と診断され、後日、ご家族の方が説明会にいらして下さいとのこと。

そして昨年末、診察へ行くと白内障で手術が必要と診断された。
後日、ご家族の方が説明会にいらしてください、とのこと。そして1ヶ月経った先日、説明会に出席。

水晶体も取り替えるらしく、手術と2日間の通院が必要。保険適用で片目3万円。保険適用外だと片目 36万円。
母の場合、通院の手間と往復の介護タクシー代を考えたら、1日入院させて貰った方が家族は助かるけど。可能なのかしら?
どちらにしても手術は早くて3ヶ月後の4月らしい。
2人に1人と数多い白内障じゃ仕方ないですね。
これからも色んな病気になるはず。

歯医者はどうなるんだろう?あの椅子に座らせるのは大変そう…。

耳鼻科は?かかりつけの耳鼻科の椅子は一段高くなってたような気がする。座らせるのがもっと大変そう…。

第一、診てもらえるのかな?考えると心配と不安が大きくなってきた。
えーい!明るく笑い飛ばしちゃおッ!

亡き父が言ってた。この世で起きた問題は必ずこ の世で解決できると(笑)

3 Comments