Skip to content

介護タクシーと介護サービス

以前書いた通り、母の白内障手術の準備に、隣の市にある大きな病院へ行くことが多くなった。

そこで介護保険を利用し、介護タクシーを使おうとした。
まずは役所へ向かい、書類の申請(これはケアマネージャーさんがやってくれた)。
その後、この書類を持って役所が指定してるタクシー会社と契約を完了させなければならない。

兄と私で仕事の合間に申請の手続き行ったのだが、タクシー会社との契約は病院へ行く前日になってしまった。
とは言え、書類が揃ってるのだから時間はかからないと思っていた。
けれど…
「担当者がいないので契約できません」
タクシー会社はそう言った。

担当者がいないという理由だけで、介護タクシーが使えないのはとても残念。
市が指定してるタクシー会社は、この会社1社だけだ。
また、他にも介護タクシーならある。しかし、市の指定がないタクシーでは介護保険が使えない。

私がこの街に引っ越したきた15年前、すでにシニアの多い街・ベスト3に入るとか何とか言われてた。
もちろん今も増え続けているだろう。
シニアの増加を考えると、指定の会社が1社だけでは、もう賄いきれないというのが現実だと思う。

これから、白内障の手術を片目ずつ行い、術後の経過観察と、母の病院通いは続く。
介護保険を使ってのタクシー利用は「月に○回」と要介護のレベルによって違うが、不自由なく利用出来るシステムを心から望んでいる。
必要な時にキチンと使える介護サービスをお願いしたい。そのための介護保険だもの。

より高齢化社会が進む中で、日々たくさんの課題があるし出てくる。
本当の意味で介護する側の気持ちを汲み取ってくれる介護サービスの必要性と、私たち個人でも下調べする重要性を痛感した。

皆さんの住む街はどうですか?
突然やってくる介護生活に備えて、まずは街のサービスなどを調べてみては?

笑顔で介護を過ごす日々のために。

2 Comments

  1. たかし(44歳)。@しろりん猫キラー。 たかし(44歳)。@しろりん猫キラー。

    調べてみます、これから^^;

  2. たかし(44歳)。 たかし(44歳)。

    笑顔がいちばんですからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA